夏対策

すっごく暑い日が続きますね。気温が体温に近い日も珍しくありません。
こんな時は、炎天下に止めた車など灼熱地獄です。こんなに暑いところ生まれじゃない欧州車は、いろいろとトラブルが出る時期でもあります。

ディーラーのメカニックさんに聞いた夏対策をご紹介します。新しい年式の車には関係ないかもしれませんが。

- スポンサードリンク -


・サンシェードの使用
フロントガラスを覆うサンシェードを使いましょう。これは、車内の温度上昇を防ぐだけでなく、ダッシュボードを直射日光にさらさないためです。特にA4(B5)は熱でダッシュボードのふちがめくれあがるトラブルが多いそうです。

・エアコンの温度設定
暑い車内に乗り込んだときは、エアコンの温度設定は最低にして早く冷やしたいものです。でも、ここで注意。一気に低温にするとエバポレーター付近が結露・凍結してしまいます。これが、エアコンの配管などに負担をかけてガス漏れなどのトラブルを引き起こすそうです。
窓を全開にし車内の熱気を抜くなど、室温を下げるのをエアコンだけに頼らないようにすることが必要です。

欧州車は、樹脂類・ゴム類が熱に弱いのは周知の事実です。出来るだけ炎天下への駐車を避けるのが一番かもしれませんね。