モバイルとそれにまつわるグッズについて紹介します。

お気に入りのモバイルPCを紹介します。




PC

2003- Panasonic Lets note CF-W2

現在の愛機はPanasonic Let'note CF-W2です。結構、気に入っています(笑)
パナソニックのパソコンなどと聞くと非常にマイナーなイメージがあると思います。(確かにマイナーかも)、その実「れっつらー」と呼ばれるマニアなユーザーもいらっしゃるように、とてもユニークな商品作りをしています。ビジネスモデルのノートPCに特化しているなどユーザーをしっかり絞り込んでいるのが良いのかも知れませんね。特にW2はオフィスではメインマシンとして活躍しつつ、一旦外に持ち出せば快適にモバイル出来るように、よく考えて設計されている気がします。

特徴は、
軽い 1.2Kgの重量は持つと非常に軽く感じます。よくカバンに入れるのを忘れたと思ったと表現されています。。。そこまでは(笑)
電池が長持ち 標準バッテリーで7.5時間(カタログ値)。実力でも5時間は平気で利用できています。
堅牢 マグネシウム合金のボディは剛性が高くて、持ち歩く場合の安心感を高めてくれます。
とされていますが、個人的には性能のバランスがいいんだなと感じます。


W2の特徴はパームレスト部に埋め込まれたDVDコンボドライブ。
最新モデルではDVDマルチが搭載されています。うらやましい。
手を置く部分に蓋があるとガタガタしそうですが、そんな心配は無用でした。

左端のスイッチが電源。真ん中はLCDのロック解除です。慣れるまでDVDの蓋をあけようとして電源を切ってしまったことが数回ありました。


実装されるI/Oも非常にビジネスライクな物ばかりです。

左サイド:右からDVD蓋の解除レバー、サウンド出力・入力、USB2.0×2、外部モニター、AC入力

右サイド:右からモデム、LAN、PCMCIAスロット×1、その下がSDカードスロット




PC遍歴
これまで色々なPCを使ってきました。振り返るとずいぶんと無駄金を使ってきたのかもしれません。でも、昔のPCって味があってよかったなぁ。

2001頃 Toshiba Libretto ff1100CT (中古)
れっつら〜からリブレッターになってしまいました。いつでもどこでも使える環境が欲しい、メインマシンのデスクトップがあるのでパワーは不要ということで選択しました。購入時、既に型落ちのモデルでしたがYahooオークションではそれなりの高値が付いていました。小さいキートップにはなれが必要ですが、すっごくコンパクトなのは魅力です。購入後すぐにHDDが死んだので大容量のものに増設、つでにOSもWindows2000にアップグレードしました。高価な増設メモリも購入し、貧弱なCPUの割には快適に操作できるようになりました。
小さいケースにモバイルグッズをいっぱい詰めて彼方此方に持ち歩きました。海外出張中に報告書を作成していたら、米人のおじちゃん・おばちゃんに取り囲まれて見物されたのには閉口しましたけど(笑)。何言ってるかさっぱり分からんかったけど「キュート」と言ってる事だけは理解できました。フランクフルトみたいな、お前の指じゃ入力できんやろー!
熱対策がうまくいっていないのか、始終ファンがうるさい音をたてますし、背面がかなり熱くなります。ひざに乗せて使う時は低温火傷にご注意を。
CF-W2の購入を機に引退していますが、時間があれば 復活させたいなぁ。

2000頃自作 ASUS P4-BF+Pentium-3 600MHz
はやり始めていた「自作」ってのをやってみたくて購入・組み立てをしました。幸か不幸か、完成からまもなくLets noteがお亡くなりになったので、以後メインマシンとして活用しました。古くなったらパーツ単位でアップデートできるからお買い得なんて思っていましたが、実は新しいCPUやメモリー、ビデオカードに対応するにはマザーボードも買い換える必要が出てくるんですね。という訳でHDDの大容量化、TVチューナーカードやCD-Rなどを追加して、子供のゲームマシンになっています。

1998頃 Panasonic Lets note AL-N2T516
会社に導入されているのを触らせてもらって以来、あのトラックボールの「くるくる」って感じが忘れられずに購入してしまいました。Lets noteには「れっつら〜」と呼ばれる熱いファンがいるそうですが、判るような気がしますね。このPCは家で会社でフル活用しました。この頃から行くようになった海外出張へも必ずお供するようになり大活躍しました。メモリを増設し、カードモデムやPHSカードも購入しました。モバイルらしい事をやった始まりかもしれません。
あちこちへの持ち運びがたたったか、突然起動しなくなりました。遺体はバラバラにされてYahooオークションで売却されました。結構いいお金になったような。。。。

1994頃 Canon INNOVA note 475CS
家では仕事をしないぞーなんて誓ったのも一時。やっぱりWindowsじゃなきゃやってられない。デスクトップのマッキントッシュもあったため、ノートPCで800×600のディスプレイ付きで安かったのに惹かれて追加してしまいました。でも、トラブルが多い割りには情報も少なかったし、あまりいい思い出はありません。トラぶったときの対応も悪かったしなぁ。DSTNの液晶も応答が遅く良くありませんでした。
パソコン通信といわれたNifty-serveから、インターネットプロバイダのDTIへ乗り換えました。

1993頃 Apple Machintosh II VX (中古)

なんで買ったのかわからないのですが。。。。衝動買いしてしまいました(汗)今見ると、デザインなんかLCのほうが断然良いですよね。失敗したかなぁ。買ってすぐに、その遅さに耐え切れず68040のアクセラレータを乗っけて使っていました。でもバス幅が狭くてあまり速くならないんですよね。だんだん使わなくなって実家に眠っています。

1992頃 Apple Machintosh LC (中古)

家に帰ってまで仕事をする生活に嫌気がさしてマッキントッシュに乗り換えてしまいました。本来機能以上にインテリアとしても重宝していました。パソコンとしてはゲームを何種類か譲り受けて遊んでばかりいました。学生時代に研究室で遊んでいたApple II時代からあるロールプレイングゲームもありましたが、かなり進化していましたね。CD-ROMを初めて使ったのもこの頃かな。
この頃Nifty Serveに乗り換えました。輸入車フォーラムではたくさんの友達も出来ました。

1990頃 PC-9801N (98 note)
ノートパソコンなるものを始めてGETしました。会社に自慢しに持っていったところ、すぐに数人が洗脳され出入りの業者さんから大量購入することになりました。少し遅れてプリンターもキヤノンのBJ-10というインクジェットに買い換えました。PC-9801の機能がコンパクトなサイズにまとまっていましたが、本体にはFDDも内蔵されていませんでした。バッテリーの持ちも悪く、メモリー効果ですぐ使えなくなってました。
この頃PC-VANに入りました。モバイルらしい環境が整い始めた時代でしょうか。

1987頃 PC-9801VM21(中古)
会社PCとの互換性を考えて9801を購入しました。本体は中古で購入しましたが初めてハードディスクなるものを購入しました。確か奮発して20MB。かなり広大な空間に思えていましたが、今時ICメモリーでもこんな小さなやつはないですね。初めてプリンターを購入しましたが、ドットプリンターでかなりうるさいものでした。

1985頃 Fujitsu FM-77L4

就職を機に購入した、3.5inchフロッピーを搭載したモデルです。それまでのテープに比べてなんと画期的だったことか。640×00lpixelの表示が出来て漢字もきれいに表示できました。この頃S-9というDOSを買ってプログラムを作っていました。

1981頃 Fujitsu FM-8

初めて買った(買ってもらった)パソコン。当時羨望の(?)CPUだったモトローラ6809を搭載していました。I/OやASCIIといった雑誌に載っていたゲームなどの16進ダンプリストをしこしこと打ち込んではゲームにいそしんでいました。記憶装置はカセットテープでしたからね。今でもあのピーゴーっという音を思い出します。"Device I/O Error!!"
しばらくするとFM-7という新モデルが出ました。それを機に を高速なものに乗せ換えてクロックアップしたり、FM音源ボードを作ったりして改造にいそしんでいました。FM-7.3ぐらいまでは近づいたかな。